日本システム工業株式会社
品 質・環 境 方 針

基本理念

顧客と社会から喜ばれる『良いサービスを提供する』 そして、その過程と結果を継続的に改善する。

品質方針

全員が力を合わせ、発注者及び地域住民が満足する業務を提供し その対価としての当社の発展と利益を追求する。

① 当社が保有する固有技術と品質管理技術を駆使し、顧客の ニーズを的確にとらえ、安定した受注の獲得を目指します。

② 常に社員一人ひとりの安全衛生に努め、品質に反映させるとともに お客様への安心と満足度に寄与します。

③ 法令・規則を遵守し、安全で信頼性の高い企業活動を行い、 社会に貢献します。


環境方針

当社の事業活動から生じる環境への負荷を低減させ、且つ環境汚染の 予防と保全を図るため、統合マネジメントシステムを確立する。 そして、地域社会及び地球環境の保全と継続的な改善に貢献する。

①法令順守の徹底と環境影響評価による適切な対策を図ることに よって環境汚染の防止に努めます。

②環境負荷の低減に努め、環境保全と環境改善を図ります。

  一つ、Co2の発生削減に努め、地球温暖化防止に寄与します。

  一つ、施工現場・点検作業地周辺の環境美化に努めます。

  一つ、産業廃棄物のリサイクルに努め、循環資源化を図ります。

  一つ、3R運動(リテ゛ュース:発生抑制、リユース:再利用、リサイクル:再資源化) の取り組みを通して、
  環境意識の向上を図ります。



この方針は、全社員及び当社のために働いてくれる要員に周知し、一般に公開致します。

 
制定日 2012年2月1日         
改訂日 2016年9月1日         


日本システム工業株式会社は、環境マネジメントシステムを構築し、実行し、維持するうえで、当社の現在の著しい環境側面を以下のように特定しました。

No. 著しい環境側面 区分 環境影響 業務内容 通常時 非通常時
1 電力の消費 INPUT 資源の枯渇、温暖化 すべての事業活動での電力使用
2 活動資源の購入・使用 INPUT 資源の枯渇、温暖化 すべての事業活動での購入・使用品
3 廃棄物の発生 OUTPUT 廃棄物処理場の圧迫 すべての事業活動での排出物
4 燃料の消費・排気ガスの排出 IN・OUT 資源の枯渇、大気の汚染 自動車・高所作業車等の運用
5 飲料の購入、廃棄物の発生 IN・OUT 資源の枯渇
廃棄物処理場の圧迫
飲料自販機での飲料購入
・空き缶
・ペットボトル等の排出
6 燃料の消費・排気ガスの排出
環境汚染、廃棄物の発生
IN・OUT 資源の枯渇、大気の汚染
オイル漏れによる環境汚染
廃棄物処理場の圧迫
自動車・高所作業車
運用中の渋滞・事故等
7 騒音・振動 OUTPUT 周辺環境の悪化 掘削・はつり・高所作業など
8 グリーン購入 有益 環境負荷の軽減 LEDの提案・受注・提供
自社でのグリーン購入推進
9 廃棄物のリユース・リサイクル 有益 資源の節約
廃棄物の排出抑制
すべての事業活動での
リユース・リサイクル推進
10 エコドライブの実施 有益 資源の節約
地球温暖化防止
『エコドライブ10』の励行
資源の節約、地球温暖化防止につなげる
運転技術と心がけにより実行継続する
11 清掃活動
ゴミ・タバコのポイ捨て抑止
有益 周辺環境の良化
社内環境意識の向上
会社・現場周辺での清掃活動
12 社内の緑化活動推進 有益 地球温暖化抑制
周辺環境の良化
観葉植物の育成維持により
CO2発生の抑制
マイナスイオン効果
室内湿度の良化により
エアコンの負荷を軽減する
13 文化遺産・環境の保全 有益 京都の文化遺産の保全
絶滅を危惧される植物の保全
激減している「葵祭」で使用される
フタバアオイを保護・育成し
年1回(5月に)一部を奉納する事で
「葵祭」だけでなく、上賀茂神社から
神山にかけてかつてあった
「古の森」再生を目指します。

また、当社では緊急時として特に地震・水害での被害を想定し、下記の環境側面についても特定致します。

No. 著しい環境側面 区分 環境影響 業務内容 地震 水害
1 火災時の燃焼による煙、燃え残り OUTPUT 環境汚染、廃棄物の発生 地震発生時
(震度6弱以上の時)
2 建物崩壊による水道管破裂、残骸など OUTPUT 環境汚染、廃棄物の発生
3 ライフラインの復旧 水・電気・ガスなど IN・OUT 資源の枯渇、下水など
4 燃料の消費・排気ガスの排出、廃棄物の発生 OUTPUT 資源の枯渇、大気の汚染、廃棄物処理場の圧迫
5 建物浸水時の汚泥、残骸 OUTPUT 環境汚染、廃棄物の発生 水害発生時
(桂川の水位が3.9m以上になった時)
6 ライフラインの復旧 水・電気・ガスなど IN・OUT 資源の枯渇、下水など
7 燃料の消費・排気ガスの排出、廃棄物の発生 IN・OUT 資源の枯渇、大気の汚染、廃棄物処理場の圧迫