安全・安心のある空間
大切な人や財産を守るセキュリティシステム
セキュリティシステムをカスタマイズする
安全や財産を守るセキュリティ対策はさまざま、オフィスやホームセキュリティはもちろん、文化遺産や農業施設にまで防犯システムが幅広く導入されています。侵入検知、防犯カメラ、火災・放火、強盗対を知らせる通信システムなど、場所や用途、予算に応じた防犯・防災システムの導入を提案します。
※イメージ画像
侵入を感知、防ぐ
赤外線センサー、ガラス・扉用センサー、室内センサー、防犯カメラ、場所、用途によってさまざまなタイプの防犯機器があり、侵入者を感知すると点灯する人感知ライト、サイレンが鳴る人感知スピーカーは侵入者を威嚇します。
   
侵入を知らせる
侵入者をセンサーが感知すると、離れた場所でもワイヤレスの警告音で知らせます。さらに発信機を設置すれば、あなたの携帯電話に直接異常を知らせます。また監視カメラで離れた場所のモニターに警告音と共に映像を送ります。
   
映像で監視する
敷地内や共有スペースに監視カメラを設置するように、個室にも小型カメラを設置、留守時でもインターネットや携帯電話で室内の様子を確認することができ外出時も安心です。また録画した映像を、オンラインで当社サーバーにバックアップすることもでき、手間のかかる録画管理の必要がありません。
   
火災を防ぐ
・出火を感知する火災センサーで屋内はもちろん、野外での放火などの出火も知らせます。
・自動消化装置を室内の天井に設置、火災を初期段階で防ぎます。
・熱感知器で急激な温度差を感知、台所などのうっかりしたボヤを防ぎます。
   
入室者をチェックする
指紋センサー認識システムが、オフィスや工場などの入退室を万全に管理します。また、ICタグの社員証で、入退室管理、就業管理、OA機器のシステム管理まで統合して行なうことができます。

*ICタグ=入力した情報を発信する超小型の情報チップ。ユビキタス社会を推進する情報システム。
高齢者のための安心セキュリティシステム
一人暮らしの高齢者の方のために、室内の数ヵ所にセンサーを設置。遠隔地からでもインターネットを利用して、リアルタイムに生活の状況を確認することができます。または介護を必要とする高齢者のために、緊急用ボタン室内の要所に設置、どんな時でも緊急を知らせることができて安心です。
バリアフリー空間を作る電化システム
日本システム工業のメインテナンスと管理システム

日本システム工業は、京都府・滋賀県地域の交通安全設備、防災設備の施工、メインテナンス管理業務など、地域社会の安全に三十年以上携わってきました。その積み重ねた実績の中で、安心・安全への高い管理意識、お客様本位の責任ある対応、それが企業運営の根幹として育まれてきました。保守と管理の基本にあるのは、人と人の結びつき、その上に、私たちがつくり出すさまざまなシステムが稼動しています。

あなたのオフィス、事業所、工場の電気設備を安全管理
24時間体制の安心フルサポート!